スマートウェルネス住宅等推進事業の応募期間は平成30年2月までです。

改正住宅セーフティネット法が平成29年10月25日に施行され住宅に関するセーフティネット機能が強化されました。

高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者向けの住宅を早期に確保するため、既存住宅等を改修して住宅確保要配慮者専用の住宅とする場合の改修費が補助されます。

改修工事に要する費用の1/3以内の額で、補助限度額:50万円/戸

詳しくは、ミズノ硝子建材の営業マンにお問い合わせください。